1. TOP
  2. マネー・経済
  3. FXのMT4の設定

FXのMT4の設定

FXのMT4の設定

チャートの設定

MT4について

チャートは、「MetaQuotes Software Corp」が開発した「MetaTrader4」=「MT4」を使用します。

【推奨動作環境】
「OS」WindowsXP SP2,Vista SP1(32bit,64bit)以上(マッキントッシュ非対応)
「CPU」Intel Core/Pentium/Celeron 1GHz相当以上
「メモリ」512MB以上 (Windows Vista以降は2GB以上推奨)
「ネットワーク環境」ADSL,光回線等の高速回線推奨

MT4チャート設定

Advertisement

1、ODL社よりMT4をダウンロードして下さい。
HPのhttp://www.odls.co.jp/より「mt4」をクリックして下さい。

ダウンロード

2、「今すぐダウンロード」をクリックします。

今すぐダウンロードg

3、「名前」、「Eメール」を記入し、「ご確認」にチェックを入れます。
記入が終われば、「PC版 MetaTraderのダウンロード」をクリックします。

MetaTraderのダウンロード

4、「ダウンロード」をクリックします。

ダウンロード

5、「保存」を選択し、任意の場所「デスクトップ上など」にダウンロードします。

デスクトップ

保存

6、アイコンが表示されましたら、圧縮フォルダを解凍して、開きます。

圧縮フォルダ

解凍

7、「Internet Explorer – セキュリティの警告」のウインドウが表示される場合は「実行」ボタンを押してインストールを行って下さい。
※ お使いのPCによっては「開く」ボタンをクリックしていただくこともあります。

開く

8、セットアップ画面が表示されますので、「日本語」を選択し、「次へ」ボタンを押して下さい。

※ 言語の変更は、ダウンロード後も可能です。

セットアップ

9、「次へ」ボタンをクリックして下さい。

クリック

10、「はい。全てのライセンス条項に同意します」にチェックをつけ、「次へ」ボタンを押して下さい。

ライセンス条項

11、インストール先を選択し、「次へ」ボタンを押して下さい。

(※ Windows Vistaをご利用の場合、保存先をProgram Files以外に保存して下さい。Program Filesに閲覧制限があるため、上書きや削除、またはアップデートなどができず、正常に稼動しないおそれがあります。)

Advertisement

アップデート

12、プログラムグループを確認し、「次へ」ボタンを押して下さい。(プログラムグループは特に変更する必要はありません)

プログラムグループ

13、「次へ」ボタンを押して下さい。インストールが開始されます。

インストール

14、セットアップが完了するまでしばらくお待ち下さい。

セットアップ

15、セットアップが完了すると下記の画面が表示されますので、「終了」ボタンを押して下さい。MetaTrader4は自動的に起動します。

セットアップが完了

16、MT4が起動します。

MT4

17、「デモ口座の申請」入力します。

デモ口座の申請

  • 「お名前」 「国名」 「都道府県名」 「市町村名」 「住所(続き)」
    「電話番号」「E-メール」を入力して下さい。
    (数字、アルファベットは半角入力)
  • 口座タイプ:forexまたはforex-JPYを選択して下さい。
  • レバレッジ:1:100を選択して下さい。
  • 証拠金:3000から5000000の中からお選び下さい。
  • 「貴社からのニュースレター受取りに同意します。」にチェックを入れる。
  • 「次へ」ボタンをクリックして下さい。

18、「次へ」ボタンをクリックします。

次へ

19、「完了」ボタンを押して口座申請完了となります。(ライブアップデートがある場合は、必ずアップデートして下さい)*デモ口座は再申請毎にログインIDやパスワードを自動発行します。ターミナルのメールボックスに申請情報が配信されますのでご確認下さい。

ログインID

20、これで完了です。一旦MT4を終了して閉じて下さい。

インストール完了

21.MT4に対して「FXサークルスキャルピング」の設定を入れます。

こちらdata1.zipからDLしてください。

スタートボタンから「マイコンピュータ」を開き、ローカルディスクを開いて下さい。そこから「Program Files」を開きます。

マイコンピュータ

その中から「ODL Meta Trader4」を開きます。

ODL Meta Trader4

22、下記の様なフォルダ、ファイルが表示されます。

ファイル

23、「FXサークルスキャルピング」のフォルダにある「templates」を開きます。
下記画面の各種テンプレートを22の「Templates」フォルダの中に入れます。

Templates

Advertisement

24、一旦22の画面に戻り、次に「experts」のフォルダを開くと下記の画面になります。

experts

25、「FXサークルスキャルピング」のフォルダにある「indicators」を開きます。
下記画面の各種インジケーターを24の「indicators」フォルダの中に入れます。

インジケーター

26、MT4を再起動させます。
「ファイル」をクリックし、「新規チャート」を選び、通貨ペアを選択します。
「新規チャート」は、全部で2つ作成します。

新規チャート

通貨ペア

27、チャートが表示されましたら、チャート画面で右クリック後に「定型チャート」→「Updown」を選択します。

同じ様に、「scalping」も設定して下さい。

チャート画面

28、セットが完了しましたら、各種時間足をクリックします。

各種時間足

「Updown」は、1時間足で設定します。
「scalping」は、1分足で設定します。

29、下記の画面設定でチャートは完了です。

左に1分足、右に1時間足が並んでいます。

1分足チャート

通貨ペアを変える場合の設定

通貨ペアの位置でマウスのボタンを押し、そのままの状態でマウスをチャート画面に移動(ドラッグ)させ、マウスのボタンを離す(ドロップ)と通貨ペアが変更出来ます。

mt48.png

他社のMT4について

MT4はODL社を使いますが、その他フォレックス・ドットコム社のMT4でも可能です。

フォレックス・ドットコム
http://jp.forex.com/jp/metatrader/

インジケーターについて

各種インジケーターは、「MetaQuotes Software Corp」のフリーインジケーターを使用しています。

MT4の動作が重たい場合

1、MT4は、動作環境が重くなることがありますので、その際は下記の○をクリックします。

動作環境

2、クリックすると下記の画面が出て来ますので、「ex Main」をチェックしサーバーを切り替えます。

ex Main

一時的な対処方法ですので、普段は「Main Server NJ」を使います。