1. TOP
  2. マネー・経済
  3. FXのテクニカル指標

FXのテクニカル指標

FXのテクニカル指標

テクニカルについて

「FXサークルスキャルピング」で使うテクニカルについて解説致します。

テクニカルは、全てトレンドに対して色が変わるシグナル系のテクニカルを使用しています。
素早くトレンドに対してエントリーをするためです。
さらに、視覚的にもエントリー位置が分かりやすく適しています。

しかし、テクニカルの色が変化後に元の色に戻ることがありますので、複数のインジケーターを使用し、フィルターを掛けています。

ローソク足

Advertisement

ローソク足

4本値(始値・終値・高値・安値)で形成されています。始値より終値が高い場合は陽線と呼ばれ、始値より終値が低い場合は陰線と呼ばれています。陽線は黒く塗りつぶされたボックス、陰線は白抜きのボックスと視覚的に表示することにより相場の強弱や方向性を視覚的に示してくれます。

4本値

updown

updown

MT4サブ画面の中心ラインを元に上昇トレンドでは、青の縦線が表示され、下降トレンドでは、赤の縦線が表示されます。
トレンドの強さによって、縦線は大きくなります。

利点

上昇トレンド、下降トレンドが色で表示されるため、分かりやすい。

欠点

表示点灯後、色が変わることがある。
トレンドに対する、色の移り変わりが遅い。そのため、短時間足では使用せずに、1時間足でのみ使用します。

(updownは、Fisher kuskus(MetaQuotes Software Corpフリーインジケーター)と同一品です。)

circle

circle

単純移動平均線や価格移動平均線の動きを元に改良されたテクニカルです。
上昇トレンドでは、青が点灯し、下降トレンドでは、赤が点灯します。

利点

上昇トレンド、下降トレンドが色で表示されるため、分かりやすい。

欠点

点灯後に色が変わることがあるため、数個インジケーターを表示し欠点を補う必要がある。

signal circle

signal circle

単純移動平均線や価格移動平均線の動きを元に改良されたテクニカルです。
上昇トレンドでは、水色が点灯し、下降トレンドでは、ピンクが点灯します。

Circleと同じインジケーターですが、色の変化で音が鳴り、2つ目の色が点灯した際に下記のシグナルが発生します。

シグナル

シグナル音の音量は、パソコンのボリュームで調整下さい。

利点

Advertisement

上昇トレンド、下降トレンドが色で表示されるため分かりやすい。

欠点

点灯後に色が変わることがあるため、数個表示し欠点を補う必要がある。

ADXs

ADX

ADXは、DMI(Directional Movement Index)という相場の上昇トレンド及び下降トレンドを数値化した指標群の中の指標の一つで、トレンドの強弱を表す指標です。

ADXsは、ADXを元に改良されたテクニカルです。
上昇トレンドでは、青が点灯し、下降トレンドでは、赤が点灯します。

利点

上昇トレンド、下降トレンドが色で表示されるため、分かりやすい。

欠点

点灯後に色が変わることがあるため、他のインジケーターを併用し欠点を補う必要がある。

ADXSは、ADXm(MetaQuotes Software Corpフリーインジケーター)と同一品です。