1. TOP
  2. マネー・経済
  3. FXのトレードの知識

FXのトレードの知識

FXのトレードの知識

トレードの知識

・より安定した利益を求めるのであれば、トレンドが起きている通貨ペアを選択します。
トレードで通貨ぺアを選択する際に、トレンドが起きているペアを選ぶ方が、より勝率が増すこともあります。

1時間足を確認します。下記の通貨ペアでは、前後を視覚から判断すればレンジ相場でした。
この様な通貨ペアでトレードをしても問題ありません。

レンジ相場

しかし、他の通貨ペアでは、下記の様にトレンドが発生していました。
その様な時は、強いトレンドが発生している方が、勝率が上がる場合があります。

Advertisement

強いトレンド

(上記は、あくまで応用的な考えであって、基本のトレードルールのみでも十分に安定していますので、ここでは応用的ルールとしてトレードでお使い下さい。)

・より安定した利益を求めるのであれば、通貨の強弱を判定する。

世界の3代通貨と言えばUSD、EUR、JPYです。
それぞれの通貨でどれが一番強いか、一番弱いかを判定します。

アメリカの景気が良く、欧州の景気が悪く、日本は普通であれば
EUR < JPY < USDとなり、主にEUR/USDの通貨ペアでは売り圧力が強く、下降トレンドが発生しやすいと判断出来ます。

・トレードの時間帯を考える

トレードする時は、日本時間より、欧州時間帯やNY時間帯の方がトレンドは、発生しやすくなります。

これを考慮し、値動きのある時間帯では、積極的にトレードが出来ます。

・レバレッジやロット数を上げる時は、十分に注意します。

一部のサーバーの弱いFX社では、20ロット(万通貨)以上でトレードをする場合は、約定が通りにくくなる場合があります。

さらに、一回で大きな利益を得ることを考えずにコツコツと利益を積み上げて下さい。
少ない資金でトレードする時は、レバレッジは、注意して下さい。

<推奨トレード例>

数万円~10万円で1万通貨
20万円で2万通貨



100万円で10万通貨という様に少しずつ増やしていくことをお勧めします。

・エントリー後に利益数値とロスカット値を決めておく理由

エントリーを見極めるには、テクニカルが必要です。
しかし、決済をテクニカルで行っていては、適切なエグジットをすることが、極めて難しくなります。
そもそも、短時間足は、ダマシが非常に発生しやすい傾向があります。

移動平均線のクロスやMACDのクロスなど、値動きが発生して初めてエントリーサインが出て、逆の方向への値動きが発生してエグジットサインが出る。
これでは、エグジットも遅れ、ドローダウンも大きくなります。

さらに、損益のバランスを考えないことにより、大きく勝ったり大きく負けたりと、バラバラな決済数値になり、トータルでの損益のバランスが崩れます。

RSIの買われすぎや売られすぎも曖昧で、トレードに有効とは限りません。

移動平均線のクロスやMACDのクロス

これを解消するためには、「エントリーはテクニカルを使うことが必須だが、仕掛けをするタイミングで、利益確保とロスカット数値を決めておく」
これがトレードをする上で、最も重要なポイントです。

「FXサークルスキャルピング」では、エントリー後に予め決めた数値で決済をします。

これにより、大きく勝つこともありませんが、むしろ無駄なドローダウンを無くすことが出来ます。

ポジションを取った後、エグジットを躊躇していると、結局は元の水準に戻ってしまい、利益確保に失敗してしまいます。
だからこそ、最初に決められた決済数値を決めておき、その水準に達したら素早くポジションを解消して、利益確保をします。

また、ポジションを持ったと後に、逆の方向へ進み損益が発生することもあります。
その時も、ロスカット値を決めておくことで無駄な損益を減らすことが出来ます。

但し、FXはスプレッドが存在します。それを考慮すると、10pips以下の数値でのエグジットやロスカットは、手数料によるスプレッド負けを引き起こしかねません。そのために、値幅のある10pips以上に設定しています。

Advertisement

自分の想定した数値通りに相場が動くのか、それとも想定したのとは逆の方向へ動いてしまうのか、その確率は50%だとします。

しかし、2回に1回しか想定通りの動きをしなかったとしても、ロスカット数値さえ、きちんと行なえば、トータルでは十分なリターンを得られます。

勝率も50%以上であれば、必然的に利益は、プラスに傾きます。
それを実現するのは、的確なエントリーポイントです。
エントリーポイントさえ、的確であれば必然的に勝率は上がります。

短期トレードで利益を重ねるには、大きなリターンを狙わずに、コツコツと利益を積み重ねることです。
デモトレードで十分に技術を磨いて下さい。

トレード資金は、個人の大事な資産ですので、まずは本書を熟読した後に、デモトレード十分に検証し、トレードルールを覚えてから実践に臨んで下さい。

デモトレードは、クリック証券やDMMFXなど各社で使用可能です。

デモトレード