1. TOP
  2. マネー・経済
  3. FXの応用ルールとトレード例

FXの応用ルールとトレード例

FXの応用ルールとトレード例

応用ルール

「FXサークルスキャルピング」の応用ルールを記載します。
エントリー回数は、減りますが勝率を10%程上げることが出来ます。

2種類の応用ルールにより、1時間足のトレンドをより正確に判断することが可能になります。

応用ルールは、特別にトレードに必要な訳では、ありませんので、基本ルールを覚えた上でそれ以上に勝率を上げたい場合にのみお使い下さい。

移動平均線を使ったトレード方法

Advertisement

設定時間足 設定インジケーター
1時間足 単純移動平均線 21

上記の移動平均線を1時間足に追加します。

移動平均線

<ルール>

移動平均線ルール

  • 1時間足の「updown」が青で、移動平均線の上にローソク足が推移している時は、上昇トレンドの信頼性が高いと判定します。
  • 1時間足の「updown」が赤で、移動平均線の下にローソク足が推移している時は、下降トレンドの信頼性が高いと判定します。
  • 1分足でのエントリーやその他のエグジットやロスカット設定は、従来通りで変更点は、ありません。

移動平均線の下にローソク足

上記では、「updown」の赤が表示された際に、移動平均線の下にローソク足が推移しています。

その様な、場合は下降トレンドの信用性が高くなります。

トレンド転換

上記の○では、移動平均線を上に抜けました。
下降圧力が弱まった、トレンド転換のサインと捉え、エントリーを見送る又は、注意します。

エントリーを見送ります

上記の○では、実際にトレンド転換が起こっています。

移動平均線にローソク足が絡み出したら注意し、抜けて確定した場合は、トレンド転換の可能性があると判定しエントリーを見送ります。

全シグナル搭載ルール

エントリー回数は、減りますがよりトレンドの信頼性が高くなります。

1時間足に、1分足の全てのテクニカルを同じパラメーターで設定します。

  • 1時間足の全てのテクニカルが青であれば、上昇トレンドの信頼性が高いと判定します。
  • 1時間足の全てのテクニカルが赤であれば、下降トレンドの信頼性が高いと判定します。

テクニカルの確定は、考慮しません。
全てが点灯している時がトレンドと判定します。

・1分足でのエントリーやその他のエグジットやロスカット設定は、従来通りで変更点は、ありません。

エントリー

エグジット

ロスカット

□の位置が、全てのテクニカルが点灯している場面です。

トレンドの信頼性が高くなります。

トレードの例

標準ルールの各種トレード例です。トレードの際は、参考にして下さい。

EUR/USD 上昇トレンド

Advertisement

・1時間足の「updown」は、上昇トレンドと判定します。

上昇トレンド

・1分足の○地点がエントリー位置です。
エントリー後は、OCO決済注文をします。

OCO決済注文

USD/JPY 下降トレンド

・1時間足の「updown」は、下降トレンドと判定します。

r下降トレンド

・1分足の○地点がエントリー位置です。
エントリー後は、OCO決済注文をします。

OCO決済注文

最後に

本文を最後までお読み頂き、ありがとうございました。

FXで勝ち続けることは、一般的には難しいと言われています。
しかし、ルールを構築し、明確にトレードすることで、利益が安定して継続します。

但し、為替相場に絶対は、ありません。
何連勝もすることもあれば、連敗することもありますので、一喜一憂することなく、トータルで勝ち続けることをお考え下さい。

安定した利益が出る様になれば、トレードがより楽しくなるはずです。

本書を作製するに当たっては、作者の方や多くの方に感謝するとともに、
ご訪問様にとって、より良い利益が出ることを願っています。

この度は、本文をお読み頂き、誠にありがとうございました。