1. TOP
  2. マネー・経済
  3. デイトレード荒行手法

デイトレード荒行手法

デイトレード荒行手法

トレードに時間が取れない時の荒業紹介します。 まず朝7時にチャートを確認します。
チャートは 5 分足でSMA200、144、89、55、21を表示しローソク足が すべての MA の上にいれば買いでリミット20ピップス、スットプロスはローソク足から 一番離れた MA の所に設定します。

またあまりにもロスが大きくなる場合はストップを25ピップスに設定します。 売りは逆になります。
対象通貨は USDJPY、EURUSD になります。 また一時間で見て同じ現象を確認できた時はリミットを設定しません帰宅するまでのお楽しみです。
なお確実な取引をされる場合は月曜日のみ相場によっては駄目なときもあり対象外です。

荒行 パターン1

・また、ローソク足の位置のみで MA の並びは気にしません。ローソク足がどこにあるかです 確実な取引をしたいのであればすべての MA が同じ方向を視差した時です
この時は相当取れます。

・エントリーは MA の上か下で判断しています。

・エントリー時刻に関しては7時以降何時でもかまいません。 前にも書きましたが確実な取引をするにはすべての MA の向きに注意が必要です。

Advertisement

・5分と 1 時間で MA が同じ条件である場合はリミットを設定しません。

・7時以前を参考にする場合はこの手法とは別な方法となります。
(*基本エントリー買いについてのべますが5分足で
MA が下から200、144、89、55,21と綺麗に並びある程度上向きの時は 上昇トレンドであると思われますまた最高のタイミングは 収束したMAが開いて行くタイミングとロウソク足がMAより大きく離れて行く時です。

MA の近くにローソク足がある場合は要注意です。 この事をふまえた上で予測が必要であると考えられます)

許容範囲は正確にのべる事は困難です。
荒業である事をご了承ください。

また荒業では MA を抵抗線として考えています。

・一応リミットを設定しない場合は 12 時16時19時に確認しています。

荒行 パターン2

十分にデモで検討下さい。

しかしながら取引をさらに完成度高く可能にする方法がございます。 トレンドを計測する事です トレンドの計測方法は数ありますが私ならこのようになります。
計測にかかる時間は3分程度なので朝でも可能な作業かと思われます。 荒業にZigZagとRSI21プラスMA34の組み合わせで
トレンド計測は簡単にできると思います。
あと画像の5分チャートにはCustomCandle6(M60)を追加しています。 画像では 7 時のトレンドは右肩下がりなので売りですね
基本はトレンドの計測と言う事でよろしくどうぞです。

デイトレード荒行手法

荒行パターン3

色々とその時々で分析ツール を使い分けるので確定した方法がございません。

ただしMA21とRSI21は、はずす事が無いようにしています。
5足のEURUSD最新版でお答えします。 RSI21
パラメーター 適用価格Close、下限設定20、上限設定80

レベル表示 70、55、45、30

  • SMA34
    パラメーター First Indicator´s Data
  • SMA60
    パラメーター First Indicator´s Data
  • EMA21
    パラメーター Weighted Close(HLCC/4)
  • EMA21
    パラメーター Weighted Close(HLCC/4) 表示移動3
  • SMA5
    パラメーター First Indicator´s Data

の順番で設定しての画面になります。 この設定で勝つ為には焦らず待つ事が肝心です。
Mar さんがこの設定で勝てるかは私もわかりませんが
10ピップス程度の獲得ならこの設定で比較的に簡単に取れると思います。

経済指標テクニック

重要経済指標発表時のトレード方法ですが、まず、発表前に成ったらインターネットサイトの世界時計を表示させ、指標発表に備えます。

発表5秒前に成ったら、10~15pips離した位置にOCOを設定します。

さらに、もしもの時を考えて20pipsでロスカットされるように設定します。

資金の100%を割り込むとロスカットされるFX社でトレードします。
まず、1万通貨で証拠金が10000円なら12000円預け入れます。

これにより、OCO失敗時は20pipsでロスカットされるため、安心してOCOを入れられます。

OCOはギリギリの5秒から10秒前にセットします。