1. TOP
  2. 人間関係
  3. SNSで暴発する人間関係とソーシャルランチ

SNSで暴発する人間関係とソーシャルランチ

SNSで暴発する人間関係とソーシャルランチ

SNSで暴発する人間関係

今や人との手軽に繋がれるツールとして、SNSが流行しています。

しかし、中には手軽さゆえに仲間を増やすどころか、人間関係を破滅に追い込む人も増えています。

現実世界では、明るく活発な人でも、SNSが原因で人間関係が崩壊して、人間不振になる人がいます。

そこには、ある共通点がありました。

Advertisement

SNS人間関係破滅

私は友達を全部失いました。

SNS人間関係

以前は、友人が多くいたのですが、今は誰もいません。

それは、mixiでつぶやき機能ができて、スマートフォンが普及してせいです。

初めは、どうでも良いことを呟いていたのですが、簡単な気持ちで呟いているうちに、悪口とか不満を呟きまくってしまい、気づいたときにはマイミクは20人から3人に減っていました。

今は、自分の書き込んだことが回りの人に嫌な気分にさせていたのだと後悔しています。

SNSは、手軽なツールだけに安易な発言で人間関係をプラスにもマイナスにもさせる諸刃の剣にもなります。

相手の発言は、どういう気持ちになるかは分かっていても、いざ自分となると見えない部分があります。

相手を不快にさせるポイントは2つあります。

  • 不満や悪口を言う
  • 自慢話をする

不意な発言で大切な仲間を失わないように注意しましょう。

ソーシャルランチ

ソーシャルランチが密かなブームになりつつあります。

全くの初対面同士がソーシャルランチのサイトやアプリで気軽に食事の約束をして、ランチを楽しむサービスです。

新しい出逢いの場になるのではと若い人を中心に広がっています。

サービスとしては、フェイスブックのアカウントを利用して、勤務先やエリアを登録すればランチの相手が見つかり、メッセージを送ります。

就職活動、趣味友達や異性との出逢いといった幅広い出逢いが期待できるサービスです。

ランチの成立時は2対2で会う必要があるため知人が必要です。

しかし、その分緊張せずに気軽に会えるため好評を得ています。

飲食業界への経済効果や新たな人との交流になるのではと、サービスの新規参入を計画する企業もあるようで、今後の成長産業として期待されています。

ソーシャルランチ

ソーシャルランチ

100円均一で蔓延する万引き被害

100円均一で蔓延する万引き被害

万引きが多発する100円均一では、今新手の手口が横行しているという。

そもそも、値段が100円とあって軽い気持ちで万引きをする人が後を立たず。

万引き常習犯の最も多用するのが100円均一だと言われています。

100円均一万引き被害

Advertisement

ダイソーは万引きが酷いです。

ダイソー万引き被害

店員をしていますが、最近は新手の手口が流行り困っています。

それは、一度買ったものを気に入らずに店に来て、勝手に違う商品と変えていくのです。

一度買って気に入らなかったりすると、平気で商品を変えて行くから困ったものです。

捕まえても罪の意識はなく、開き直って商品を買ったのだから関係と言わんばかり、盗るのではなく変えるのだからと言い張ります。

一度購入されたものはレシートを持ってくれればと思うのですが、数ヶ月も前に購入したものを変えに来るから困ったものです。

最近は、100円でも一つ一つの商品をバーコードで管理しているので、商品を変えられると在庫の個数が合わなくなります。

世も末です。

100円均一は100円だけに軽い気持ちで盗る人がおり、被害が非常に深刻なるようです。

1つの商品が被害に合うと、その売上を取り戻すのに何個も売らないといけなくなります。

ハイパーアクティビティー障害

ハイパーアクティビティー障害とは、子供が精神不安で落ち着かず、過度に行動的になりやすい症状のこと。

米国では社会問題になったが、日本では普段おとなしい少年・少女が突然信じられない人等不可解な犯罪が増えている。

原因は佐藤を中心とした当分の摂取過多とも言われているが、FDA(米国連邦食品医薬局)も科学的根拠は全くないと否定している。

米国パーデュー大学の研究結果のように、血液中の脂肪酸プロフィールがアンバランス(n-3系脂肪酸の割合が異常に低い)か、γ-リノレン酸不足の方が原因と考えられる。